パブリック/プライベートチャンネルについて

チャンネルには、パブリックチャンネルとプライベートチャンネルの 2 種類があります。情報の透明性を高め、ナレッジ ベースを確立するために、できる限りパブリックチャンネルを作成するようおすすめします。

パブリックチャンネルは、チーム全員が閲覧することができます。パブリックチャンネルはチャンネルのリストに表示され、議題が自分に関係あると感じる場合は、誰でも参加することができます。パブリックチャンネルには、ハッシュタグ(#)が付いています。

プライベートチャンネルは、チャンネルのリストには表示されず、そのチャンネルに所属する特定のメンバーしか閲覧することができません。 プライベートチャンネルには、鍵アイコンが付いています。