しばらく仕事から離れていた後にキャッチアップする方法

しばらく仕事を離れていた後、その間に起こったことを把握するのは難しいですよね。未読のメールが 3 桁になっていたり、読み返すのが不可能な量のチャットが行われていたり… 万事休すの事態です。

Twist ではそんな状況に陥ることもありません。Twist で仕事にキャッチアップする方法は以下のとおりです。

スター付きの会話を管理する

休暇に入る前にスター付きの会話を整理して、必要ないものはスターを外しましょう。仕事に戻った時にすぐさまフォローアップしたい、最も優先度が高いものにだけスターを付けます。このように、スター付きのスレッドを管理可能な数に限定することで、いくつものスレッドをふるいにかけることなく重要な情報を把握できます。

チャンネルを管理する

長期間仕事を離れる場合は、あなたに直接関係あるチャンネルにのみ参加しておくといいでしょう。仕事に復帰したらこれらの関連性の高いチャンネルから読み込み、キャッチアップできたら他のチャンネルに再参加しましょう。

休暇を設定していることを確認する

Twist は、休暇の際に完全に通知をオフにできるようデザインされています。Twist の「休暇」を設定すると、休暇の種類に応じてアバターの画像が変更され、名前の横に休暇から戻る日付が表示されます。あなたが休暇中に通知を受け取ることは一切ありません。

チームメイトにはあなたが休暇を取っていることが分かるため、スレッドを通知する可能性が低くなり、Twist のインボックスを綺麗に保てます。いつあなたにフォローアップして、いつまで連絡するべきではないかが一目瞭然になります。

一般チャンネルに自分の休暇について告知することを弊社はおすすめします。そうすることで、チーム全員があなたの休暇を把握することができます。

この記事が仕事に復帰される際のストレスを軽減できれば幸いです。いいアイデアをお持ちでしたらぜひ教えてください!